ニーモック音楽教室では、毎年の年度始めに、各先生方が生徒たちに向けて、スローガンを掲げメッセージを送ります(岩本佳伸先生【3】)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

箕面(阪急箕面駅下車)と池田(石橋<阪急石橋駅下車>)のギターレッスン・ピアノレッスン | Neamoc(ニーモック)ギター教室・Neamoc(ニーモック)ピアノ教室・Neamoc(ニーモック)音楽教室

Neamoc(ニーモック)音楽教室は、おかげさまで2016年4月をもって開校18周年を迎えます。箕面市、豊川南、彩都、池田市、石橋(阪急石橋駅下車)、吹田市、川西市、能勢町、豊中市、宝塚市、茨木市、伊丹市、大阪市等に在住の方々がNeamoc(ニーモック)音楽教室に通っています。

もうすぐ新年度。ニーモック音楽教室では、毎年の年度初めに、各先生方が生徒たちに向けて、スローガンを掲げメッセージを送ります。新年度を前に、ひとまず先生方の過去のスローガン&メッセージをお読みください。

【岩本佳伸先生のスローガン&メッセージ(2015年度)】

今年度ニーモック音楽教室スローガン「伝えたい、たくさんの大切な事」を受けて、私個人的には「伝えたい、三つの音楽の聴き方」を今年度のスローガンと致しました。

これは「音楽の聴き方」を教えるというものではなく、人は概ね以下のように音楽を聴いているものだよと、一つひとつひも解いて伝えたいという事です。

例えば、今、とある音楽が流れているとします。これを「○○○という人が作曲した、○○○という名の曲」と聴くのは知的な聴き方です。それから、「ヴォーカル、ギター、ベース、ピアノ、ドラム、コーラスが音楽を奏でている」と聴くのは感覚的な聴き方です。

そして「こころで聴く」というものがあります。「この音楽はいいなあ」と聴く。これを私は「こころで聴く」と呼んでおります。

知を蓄え、感覚をみがき、いいなあという「こころ」を大切にして、音楽やそれ以外の様々な事に勤しんでもらいたい、そのような思いから「伝えたい、三つの音楽の聴き方」を今年度のスローガンを致しました。

IMG_0769111

【サイト】

■ 公式サイト①

■ 公式サイト②

■ Googleサイト

■ ヤフーサイト

【ブログ】※いずれもブログ内容は同じです。

■ Google+①

■ Google+②

■ Google+③

■ アメーバーブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です